ガリガリに痩せていた白い仔猫がめぐりめぐって我が家にやって来ました。フロル(ラテン語で花の意味)と命名され、相棒アメショーのひじきも加わり、くりりん家での生活が始まりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涙の布団洗い
2006年03月22日 (水) | 編集 |
 今にして思えば、それは3日目の発情とともに始まった・・・。

 明け方、まだ暗い夜中の3時前。
フロルは決まって餌をほしがり、餌を食べ終わると目をらんらんと輝かせ、布団の上を走り回り興奮状態になった。うんちもその頃にするので、起きて始末しなければならない。
 しかし、問題はその後のことだ。


 夜中に起こされるのはつらいが、これも覚悟のこと。遊びにつきあうのはいいとして、朝、もうろうとしながら布団をかたづける時、異変に気づく。

うっ、なんだこの冷たい感触は・・・・。

 息子と私の掛け布団の上が冷たい。嗅いでみるまでもなく、フロルのおしっこであることはすぐに分かった。

 がびょーんとショックを受けながらも、「まあ、そんなこともあるわな。」と平静を保ってカバーをはずし洗濯機へ。
 しかしそのシミは中にまで浸透していた。くんくんと嗅いでみる。
・・臭い・・。

 掛け布団は羽毛布団であった。根気よくとんとんと染み抜きの要領で上から叩き、日干しし、お昼に取り込み嗅いでみた。
・・・・臭い・・・・。

 仕方ないので(羽毛だが)息子と私の2枚を浴槽にお湯を張って(部分的に)洗剤でもみ洗いをし、その後タオルドライして日干しする。

 メスでも放尿してしまうのだろうか・・・。たまたまってこともある、と私はまだ落ち着いていた。
 しかししかし、次の朝起きてみたら、今度は敷き布団が被害を受けていたのだった。
オーマイガッ。
・・・そしてそれはその後毎日続いた。

 おしっこは濡れタオルで叩いて干しただけでは匂いは取れない。匂いが残るとまたされてしまうし、いくらファブ○ーズでごまかしても焼け石に水。
 私は半べそ状態になりながら、またまたお風呂に熱湯を張って今度は敷き布団を浸し、その箇所を洗う。
 敷き布団は羊毛なので、しっかりと水を吸い込むからやっかいだ。半日干しただけでは到底乾かず、取り込んだ後にアイロンを当て蒸気でとばす。そしてまたその布団で寝て、翌日再び愕然とするのである・・・・。

 なんで、どうして。(T_T)
 フロルに聞いても答えてくれない。仕方なくレジャーシートの大判を買い込み、とりあえず敷き布団を死守。子供達はごわごわしていやだと言うが、背に腹は替えられない。

flor-3-31-1.jpg (めっだよ、めっ!)

 フロルのそそうは布団を敷いた時だけで、不思議と違う部屋で寝ている夫は無傷。だいたい被害にあうのは息子の布団。これは匂いが残ってしまうせいなのかもしれない。

 またおしっこをされているかと思うと、恐くて寝た気がしない。朝が恐い。起きるなり私はくんくんと布団をかぎまくり、落胆し、布団洗いおばさんになるのである。
 
 軽くノイローゼになりそうだった。ボランティアさんに電話で相談したが、ボランティアさんは「よくあることよ」とは言ってくれなかったので、ますます落ち込んだ。本を読み情報を求めたが、♀のそそうについて触れてある本はほとんどない。
 
 考えられることは
1、まだ来たばかりで慣れていない。
2、そういえば発情もしている。
3、あてつけ
などだろうか。今思うとその全てが当てはまっていたのだろう。スプレーではないのだから、そそうにメスもオスも関係ない。

 特に3のあてつけについては、現場を目撃している。
 フロルは爪研ぎを壁でするので、「そうじゃないでしょ。ここでしょ」とすご~くやさしく言って移動させたのに、その爪研ぎに背を向けて、なんと私の目の前でクッションにおしっこをしたのだ。ジョ~と。
・・・・・・まあ、いいでしょう。クッションならば・・・・。

 でも布団の上は?猫がいつまでもそのことを根にもつわけでもないだろう。
耳の治療で通っていた獣医さんに聞いてみても「さあねぇ」と明快な回答も得られなかった。正直途方に暮れてしまった。

 フロルはかわいい。かわいくてたまらない。でもそそされるのはつらい。

 止まらないおしっこに、再度ボランティアさんに電話すると、「ならば夜は寝床に入れずに閉め出してみたら?」と提案される。
 この頃にはもしかしたら発情と関係あるかもしれないと思い始めていたので、あと数日、避妊手術する日までそれも手かもしれない。
 子供たちは猫と寝るのを楽しみにしていたし、私も夜になって思いっきり遊びたがるフロルを布団から閉め出すのはしのびなかったが、正直毎日の布団洗いは堪えていたのだ。

flor-3-25-3.jpg (君に罪はないが・・・)

 かわいそうなフロルは夜になると布団部屋出入り禁止となった。やはりそそうは布団だけだったようで、朝起きてもどこかにおしっこをされた形跡はない。
 とりあえず、避妊手術が無事終わるまで。安定するまで、夜の間はさようなら。
ああ、安眠、熟睡。
 朝、布団を嗅ぎ回ることも、浴槽での洗濯もアイロンがけもなくなった。いつまでこの隔離作戦をとるかは未定なれど、ありがとうボランティアさん。(感涙)


* *  * * * *

 フロルのそそうは人間で言うとおねしょ。なのに猫相手では不思議と腹がたたなかった。(当たり前か)
顔で笑って心で泣いて、私は黙々と布団を洗った。
 かわいいからというより、言って分かる相手でなければ腹も立たないと言うことだろうか。我が子相手じゃこうは寛容にはなれませむ。


 そういえば息子が3才頃、おねしょをしてしまった時(それも梅雨時)「おねしょじゃない!」と言い張ったことがあった。
 私はあきれて「じゃあ、この濡れたものはなんなのさっ」とつい声を荒げて問うと
「涙だ」
と半べそかきながらのたまった。

 それでなんだかもう怒る気もしなくなって笑っちゃったんだけど、それを聞いた友人が「詩人だね~」と感心して褒めてくれたっけ。

 猫はどうでしょう。
無論泣きませんが、詩人ではあるかも。

 

スポンサーサイト
年齢詐称疑惑?(爆)
2006年03月21日 (火) | 編集 |
 不安的中。私は予想通り、それから毎日午前3~4時ぐらいにフロルに起こされることになった・・。(子供は全然目覚めない。若いって素晴らしい)
 時には餌の催促、遊んでの催促(かと思われる)、時には不審な物音で。なにしろ我が家にはイモリやウーパーがいたり、3DKの間取りのせいで台所がオープンなのでレンジ台に上がられたりの危険がいっぱい。

 不思議なことに普段は地震でもそうは簡単に目が覚めないのに、フロルの物音、気配一つでばちっと反応してしまう。
 人間その気になればできるもの。やる時はやる、それとも愛?


 さてさて、当初フロルは3ヶ月ほどの白猫♀。というプロフィールで我が家に紹介されてた。
 3ヶ月の猫というのがいかなる大きさなのかは飼ったことがないので定かではないが、いかに猫の成長が早いとはいえ、やはりかなり小さな猫に違いない。普通にそう思っていた。

 しかし初めて目の前に現れたフロルは、痩せほそって貧相だったとはいえ、「うん?これで3ヶ月?」な大きさであった。無論仔猫らしさは漂っていたし、小さい仔猫に固執していたのは娘だけで、その彼女が選んだ猫ちゃんなので、引き取った後は3ヶ月だろうがなかろうが、どうでもいいと言えばどうでもいいことなのだが。

 
 そして3日後、とんでもない事実に我が家はプチ・パニック状態に陥る。

 自称(?)3ヶ月のフロルは来て3日目に発情した・・・。

 本によれば冬生まれの猫にないことではないらしいし、折しも春の訪れも重なりそういう季節ではある。しかし、そんな馬鹿な。3ヶ月ほどで発情するなんて・・。

 フロルは非常に大人しい猫ちゃんで、めったに鳴き声を発しない子だったのに、その日の明け方から突然甲高く鳴き始め、次第にそれは日中にも及び、電話口からもその鳴き声が「うるさい」と感じるほどになった。(声自体はさほど大きくなかったが、四六時中鳴いている感じ)
 加えて、懐っこさに拍車がかかり、誰彼構わずに体をなすりつけるようになる。顔の直前で「フー、フー、」という鼻息をかけられると正直恐い。くねくね、でれんでれん。いつでもどこでも転がりまくった。

 「もしや発情?でもまさか、3ヶ月だし・・・・」
しかしその疑惑は日を追う毎に確信に変わる。

flor-3-24.jpg(←結構細長い?)


 なにはともあれしなくてはならないお約束。一回目のワクチン接種に獣医さんに連れて行く。
 「あの~、発情しているようなんですけども・・・・」
 
 「そのようですね。」

 いともあっさり獣医さんに言われ、おまけに待合室にいた老猫の飼い主さんからフロルは、「推定1才」のお墨付きをいただいた。(^^;)
 まあ、1才はオーバーとして、だいたい初めて発情を迎える6~7ヶ月ということか。

 この時フロルの体重は2キロちょっと。保護当時は1キロ半ぐらいとして、その体重から月齢を言い渡された可能性が高い。
 この獣医さんも年齢については口を濁していたし、保護猫の推定年齢というのは難しいのか結構いいかげんなのか。どちらにしても3ヶ月くらいと言われてしまったフロルの、保護時の痩せぶりを想像すると胸が痛むモノがある。

 とりあえず、第一回目のワクチンを打ってもらって、ついでにはげてしまった両耳の診察もしてもらい(けがによるものかと思われたが、実際は皮膚病でもなく、どうやら虫によるものだったらしい)、避妊手術はワクチン接種後一週間以上開けなければならないので、今日のところは様子を見ることに。

 しかし、実はその一週間が長く感じる別のトラブルが同時進行で起きていたのだった。

 いや~生き物を飼うって涙が出るほどステキで大変。(^^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。