ガリガリに痩せていた白い仔猫がめぐりめぐって我が家にやって来ました。フロル(ラテン語で花の意味)と命名され、相棒アメショーのひじきも加わり、くりりん家での生活が始まりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mの皮膚病にみる、北米のペット事情
2007年06月17日 (日) | 編集 |
なんて、大層な題をつけてみましたが。

カナダの姉の愛猫”M”が
どうやら皮膚病にかかっていたらしく、
買って数ヶ月経った後に発病した。

発覚したのは
した方がいいよとの私のアドバイスに従い
Mをブラッシングした姉は、その抜け毛の多さに困惑したそうな。
「そんなもんなの?」と電話をもらった時は
皮膚病だったなんて知らなかったので
「うん、そんなもん。結構抜ける」と返答した私。

max2006-5-3.jpg

(↑発病する前)

ところがその抜け毛はただものではなく
はげてしまうほど、ごっそりと毛がとれてしまうため
獣医さんに見せた。
するとホニャララ菌という(忘れた)
要は人間で言うところの水虫菌に感染していたために起こった
立派な皮膚病であるとのこと。
今までは菌は潜んでいたが
体調の低下、または季節的なことがきっかけで発病したらしい。


かわいそうなMはそれからエリザベスカラーをつけられて
薬を塗られ、檻にての飼育を半年近く続けねばならなくなった。

姉はといえば嫌がる Mを押さえつけて薬を塗り、
菌が蔓延しないように掃除し洗濯し、
まあ、いろいろ大変。
治療代もばかにならない。

しかしマメに病院へ通い、
しかも、なんでも作ってしまう義兄が
なんとMが少しでも快適に過ごせるようにと
既成のゲージにつけたして、Mの家を作ってしまったのだ。
(↓これ)

max2007-5-1.jpg



スペースには不自由しない姉の家ならではのMハウスだが
幸せな猫だ。

max2007-5-2.jpg

(↑カラーが痛々しいけど)


担当の獣医さんは姉たちの献身ぶりにいたく感動し、
治療費ただ、薬代のみでいいよと申し出てくれたそうだ。

なぜかというと
カナダでは普通の猫は、だいたい2万円弱で手にはいる。
それでクリスマス・プレゼントに親が子供に買ってあげるケースが多い。
でも数ヶ月してあきられた猫は
けっこうあっさりと、見捨てられてしまうらしい。

姉がMを引き取った施設も、その手の境遇の猫が多かったという。

手軽に安い値段で手にはいるためか
病気になった猫たちに
その何倍ものお金を治療に使う人は少ない。
また数万円で、もっと健康な新しい猫を得た方がいいとの
信じられないよなドライさで
獣医に処分をお願いしに来るのが普通なんだとか。

それ故、
獣医さんは皮膚病猫を見捨てず、高い治療費を出して通院させ
かつ
猫のためにみごとなゲージを作ってあげた姉家族に
いたく感動してしまったわけ。


日本でもそんな冷酷な飼い主はいないでもないけれど
なんか北米地区のペットの飼い方って
それがありがちな日常なら、すごく自分勝手で残酷。
姉家族のしていることは、迎えた以上
飼い主として当然なケアだと思うけど
実際そうやって多くのペットの処分を依頼されている獣医さんにしてみたら
むしろ数少ない事例だったのかしらん。
このあたり、勝手な安楽死処分が禁止されてるイギリスやドイツとは
えらく違うもんだな~。


姉のところの猫になってMはとってもラッキーだった。
一度捨てられて姉たちに飼われて
病気が理由でまた、捨てられ処分ではかわいそうすぎるもの。


最近の電話では
獣医さんから身体を洗うように言われて
いやがって暴れるMに悪戦苦闘しているらしい。

水虫菌って本当にしつこいからね。
早く根絶してまた ↓ のように一緒に寝れるといいね。

max2007-5-4.jpg

スポンサーサイト
カナダからの猫バカ報告
2007年02月05日 (月) | 編集 |
日中の妖しい電話。

「もしもし~。あたし。
特に用って訳じゃないんだけどさ、かわいいのよね~。」


そりゃあ、よござんしたね。


すっかり猫バカおばさんと化した、カナダの姉からの国際電話であった。


彼女は子供たちが「猫飼いたい!」と盛り上がっていたときに
「いいんだけどさ~。
猫って17年も生きるらしいじゃないの」と
一番上の姉に愚痴った女なのである。

すでに我が家の猫に愛情を感じている上の姉は
「なに言ってんのよ。
飼ってしまえば、家族の一員。
少しでも長生きしてほしいと思うようになるわよ」
と、しごくもっともな事を言って聞かせたわけだが
それまでハムスターしか飼ったことがなかった中の姉は
子供たちが巣立った後もずーと20年近く
(つまり自分が年取っても)猫の世話をしなければいけないのか・・・と思ったらしい。

それが、上の台詞であるもんだから
思わず笑ってしまったわい。


     20070213205512.jpg

     ↑ ”M” かわいっちゃ~。


その後朝の電話では
足をケガしたためにエリザベスをつけた”M”が
後ずさりをしたり、どうにも不自由そうなのだが、ほっといてもいいのだろうか
といった相談を受けた。

また、もともとアレルギー体質だった義兄が
最近その症状が悪化し
それが猫のせいと思いこんだ下の娘が
そうとう思い悩んだらしく
「”M”はどうなるの?」と涙を流しながら姉に訴えてきたらしい。

ちなみに義兄は猫を探しているとき
猫アレルギーの症状は出てなかったので、今度の悪化との因果関係は薄いと思われる。


すでに姉の家も、猫中心の生活。
あ~、”M”に会いたいなあ~。



いとこ(?)できた!
2007年01月15日 (月) | 編集 |
去年の7月に日本にやってきて
すっかり猫が飼いたくなってしまったカナダの甥っ子、姪っ子たち。
その願いは却下され、ハムスターに落ち着いたと思ったら
ハムちゃんは早々に昇天してしまい、年末にかけて話はあれあれと急展開し
とうとう親の許しを勝ち取り、猫をお迎えしたそうな。

2007-1-15.jpg

(人の家の猫なので、仮称"M")

レスキューから譲り受けたとのことだが、以前飼われていたのが飼えなくなって、里親を募集していた猫。ドメスティック・ショートヘアーとのことだから、一応アメショーなのかな?
顔はもう少し大きくならないと横広にはならないのかも。

生後4ヶ月。そこにいた中で、一番小さかったのが子供たちが選んだ理由。親はシャムミックスに心惹かれたようだが、やはり子供の意見が一番だからこの子になったんだとか。

あちらは家も大きいし、2匹引き取れば?とお勧めしてみたが1匹飼いを選んだ。よく見ると足下が白くてかわいらしい。

バンクーバーでは野良の他に戻され猫というのも多くて、クリスマスプレゼントにしたけど飼えなくなった・・・という猫ちゃんが沢山いて、純血、ミックスに関係なく一律17000円ぐらいなんだそうだ。去勢しての引き渡しになるので、ほとんどその費用。猫の値段ではないみたい。

見送ったシャムミックスの猫は野良だったらしいが、(写真見たけど)それもすごくきれいな猫だ。

max.jpg


なにはともあれ、フロルやふじきの従兄弟猫。相見えることは一生ないと思うけど、なんだか家族ができたみたいでうれしいっす。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。