ガリガリに痩せていた白い仔猫がめぐりめぐって我が家にやって来ました。フロル(ラテン語で花の意味)と命名され、相棒アメショーのひじきも加わり、くりりん家での生活が始まりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひじちゃん的日常*2006年師走
2006年12月20日 (水) | 編集 |
h12-7-1.jpg



 もうすぐ9ヶ月。
顔の大きさはフロルを追い越したものの、体つきや風貌、やんちゃな感じはまだまだ仔猫なひじき。

 去勢後、マウントはしなくなったが、眠い時にはたまにフロルの乳を求める。でも以前のようにフロルの乳まわりが茶色くなってしまうことはなくなった。

 膝の上でも寝ないし、布団の中にも入ってこない。
甘えたいときのon/offがはっきりしていて、素っ気ないけど、おねだりの時の甘え声は強烈。
 我が家の誰かが抱くと、しばらくはその身を預けるが、他人さまにはパニクッたように逃げる。

 フロルほどブラッシングされるのが好きじゃないし、外にもふらふらと出ようとはしない。

 普通の猫らしく(誰とくらべてじゃ)、高いところもすすっと上るし、ジャンプするのも好きで高い跳躍を見せて、みんなを喜ばせる。

 誰かがなにかを食べてると、すぐ寄ってきて物欲しそうにするけど食べはしないんだな。そのかわりおやつのカニかまスライスは、前足で奪うように取り、「はしはし」言いながらガッツいて喰う。

 油断して屈んだり、時に立ったままでも、ひじきの肩乗りの襲撃に合う。とにかく誰か何かをしていると興味ありありで寄ってくる、Curious Hijiki.

 水は洗面所かトイレか、とにかく流れ出る水から飲むのが好き。頭が濡れようがお構いなし。TV にも出てたけど、トイレの水の、最後のひとったれキャッチにひじきも勢を出してます。

 最近興味があるのは、シンクの中。困るんだよね。

 ひじきに限らず、動物は人間が必死で探すと押し黙るもの。一度ひじきいない事件があり、大騒ぎになった。結局ひじきはプラの衣装ケースの奥でじ~とうずくまって、息を殺していた。なぜ、にゃ~と言わない・・・。

 2匹を見ると、離れてていてもなぜか同じ格好で寝ていることが多い。ポーズに波長があるのか。まねているわけではなかろうに。

 熟睡度はひじきの方が高いかな。

 うんちが臭いのはだんぜんひじき。量も多いし。砂もこれでもかと毛散らかす。

 人の顔が近づくのが嫌い。執拗に避けるので、むきになってすりすり頬よせる迷惑な私たち。


 う~ん、まだまだあるよね。とにかく面白くって、憎めない奴!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ひじき君は本当に家の猫によくにています。(性格が)

ははは・・
家もカニカマスライス使ってます。でも、私しか持っていないので、
猫は私には絶対服従してます。カニカマの力ってすごい!

すりすりが家もきらいなんですよ。
ほめられるのも嫌い(よしよしされるのが嫌いだから)
触るな、抱くな、くっついてくるな、の人です(え~ん)
でも半日一人ぼっちでお留守番していると、寂しくって人恋しくなって帰ってきた人にすりすりしてくるんだよね。でもそれも3分くらいかな?この物足りなさが更に猫好きを強くするのかな?
2006/12/28(Thu) 23:05 | URL  | たま #-[ 編集]
カニかまスライス
ヒット商品ですね!
うちはジャーキーとか買ってきても食べないんですけど、カニかまだけは開ける音を聞きつけて、いつのまにかわらわら寄ってきます。歯の悪いフロルは食べにくそうだけど、ひじきに至っては「がっつく」という言葉意外に表現できません。

ひじきはすりすり、嫌いなのかな。自分から寄っていくのはいいんだよね。でも明らかにフロルと比べると距離をおくかな。というか、フロルが普通じゃないのかも。ひじきは実に猫らしい猫だと思います。
あの甘え声を聞かせてあげたい!
2006/12/29(Fri) 11:33 | URL  | くりりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。