ガリガリに痩せていた白い仔猫がめぐりめぐって我が家にやって来ました。フロル(ラテン語で花の意味)と命名され、相棒アメショーのひじきも加わり、くりりん家での生活が始まりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迷い猫?フロル
2006年12月27日 (水) | 編集 |
      f12-27-3.jpg


 フロルは最近とみに脱走を図る。
いや、本人に脱走の意図はなく、ただ外にでたいだけなんだと思うのだが、家人が油断して接客等で開けた玄関のわずかな隙間から、するするっと廊下に出てしまうのだ。
 でも階段があるので、大体階段の踊り場で捕まってしまうのだけど。やっぱり一度野良を経験しているから、ちょっくら出てみたいんだろうな。


 フロルが保護されたのは、推定6ヶ月くらいで、その時は1キロちょっとまでやせ細って、ぼろぼろな猫ちゃんだったそうだ。でも人を怖がらず、保護主さんについて回り、車にも警戒心が全くなかったという。
 あまりにも人慣れしているので、生粋の野良とは考えづらく、捨て猫なんでは・・とおもっていたが、もしかしたら、脱走してしまった迷い猫だったのかもしれない。

 人にも車にも、警戒することなく、でもおっとりしていることに加えて歯も悪かったので、十分な栄養を取れずに彷徨っていたんだろう。野良でいた時間はそう、長くはなかったのではないか。

 野良だったら、いつも雄猫に追い回されるモテ猫になっただろうけど、外で生きるたくましさや能力は欠如しているようなので、車の被害にあったり、心ない人に会う前に保護されて、本当に良かったと思う。


もしかしたらフロルの飼い主さんが居たのかも知れない。

フロルは元気でおっとりのんびりゆったり生きてます。



      f12-27-5.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本当にそうかもしれないね。
いわれてみれば、ちょっと生粋の野良猫とは考えられない
部分をもっているもんね。

ネコさんは、特に生みの親元より育ての親(人間)が
大切でございます。

もう二度とどこかに彷徨って、迷子になるようなことがないように
どうぞびしっとガード(?)してあげてください。
2006/12/30(Sat) 23:27 | URL  | たま #-[ 編集]
気をつけます。
油断が一番大敵だからね、ある日突然!なことになったらたいへん。
二匹とも土地勘はないし、フロルは誰にでもついていっちゃうし、ひじきは逆に、逃げちゃうだろうし。
車も怖いしね。想像しただけでもぞっとします。
かわいそうだけど、特にフロルに関しては、多分野良では生きていけないと思いますもん。
2006/12/31(Sun) 10:11 | URL  | くりりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。