ガリガリに痩せていた白い仔猫がめぐりめぐって我が家にやって来ました。フロル(ラテン語で花の意味)と命名され、相棒アメショーのひじきも加わり、くりりん家での生活が始まりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公園通りの猫たち*早坂暁
2007年01月05日 (金) | 編集 |
kouendorinoneko.jpg


早坂暁・著  ネスコ発行 文藝春秋.販売  定価1300円

 全然知らなかったのですが、講談社エッセイ賞受賞作だそうです。

 とにかく、溢れ出る涙を抑えることができない・・・陳腐な言い回しですが、その一言に尽きる本であり、猫好きに拘わらず、多くの人に読んで欲しいと思います。

 公園通りとは、渋谷のそれです。
作家・早坂さんがその地で出会い、見守って来た野良猫たち(ここでは自由猫と言われてます)の、実に猫らしい生き様、過酷な現状が描かれています。

 時に幼い命は消え、時に人の情けが身に染みる。自由猫たちが、幸せに平穏に生きていける、そんなパラダイスを願わずにはいられないけれど、生きていくのに厳しい状況であるからこそ、自由猫たちには飼い猫(ここでは家族猫)にはない、たくましさや神々しさがあるのかもしれません。

 おっとりして何度も何度も子供を産んでしまう「巡査」と呼ばれた猫には、我が家のおっとりさんとだぶるものがあります。そんな巡査の産んだ猫たちを疎ましく思っていたあるおばあさんは、子供が行方不明になり鳴いていた巡査の鳴き声の訳を聞いて、そっと自分のために買った刺身のほとんどを猫たちに分け与えてしまう。おばあさんもまた、息子を亡くした過去を持っていたのでした。

 猫を轢いてしまったために、彼女との仲がこじれ舌打ちをする若者。懐いてきた猫を蹴り飛ばしてしまう「誰か」
 確かにみんなが猫好きではないし、小さな命などなんとも思っていない人が存在するのが現実。でもそんな人たちに負けないほど、小さき命に心通わせ、見守り続ける人たちがいる、ある「都会」の風景が、ずっしっと心に入り込むのです。

 つらい涙、温かい涙。それはきっと猫の数だけあるのだと思います。

 ちなみにこの本には続編「嫁ぐ猫 公園通りの猫たち、それから」もあるので、早速2冊とも購入しました。
 自由猫を見守り続けた早坂さんが、京都で出会って、連れて帰ってきた「夜」と名付けた黒猫のその後も気になるところです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
公園通りのと・・書いてありますが、
あの宮増坂、宮下公園?あたりのホームレスの住家となっている
ところに暮らしている沢山の猫達とは別なのでしょうか?
以前はよくそのへん近くの猫を楽しみに歩いたものですが、
ここ数年はホームレスの人があまりに多く怖くて歩かなくなりました。(公園どおりとは代々木公園だから違うのかな?)

とにかくその界隈の話ですね。
そんなことは全く知らずに暮らしてました。
興味がありますね。今度みてみよっと。
2007/01/09(Tue) 01:06 | URL  | たま #-[ 編集]
>たまさん
明けましておめでとうございますm(_ _)m

本によるとパルコができ、NHKあたりなので、代々木公園の方だと思います。スペイン坂がとかオルガン何タラのネーミングを嘆いていますので、いわゆるそのあたりです。

これ、ぜ~~~~ったいお勧めですよん!
送料340円別にかかるけど、amazonのマーケットプレイスなら100円以下で買えます。
買わなくても図書館で借りたりして、ぜひ読んでみて!
2007/01/09(Tue) 11:50 | URL  | くりりん #-[ 編集]
>本によるとパルコができ、NHKあたりなので、代々木公園の方だと思います。スペイン坂がとかオルガン何タラのネーミングを嘆いていますので、いわゆるそのあたりです。

へぇ~~??!本当?通っても見たことなかったなぁ。

Amazon 発注しちゃいました。
2007/01/09(Tue) 16:10 | URL  | たま #-[ 編集]
今は
あまりの人の多さと賑わいに、姿を隠しているのですね、きっと。
あんなところ、ふらふら出て行けないもんね。

まあ、注文されたんですね!
なんか強要したみたいで、ごめんなさい。
でも絶対、しみじみするよ~。
2007/01/09(Tue) 19:09 | URL  | くりりん #-[ 編集]
ちょっとアマゾンでトラぶってしまったので、時間がかかりましたが
やっと先日届きました。私が読む前にスルっととられてしまい、また貸し状態で又他にいってしまって今おじいちゃんが読んでます^^;
戻ってきたら読むね~
2007/02/08(Thu) 21:02 | URL  | たま #-[ 編集]
おやおや
みんなで取り合いの人気本になってしまたんですか?
でも猫好きなら特に
読んで損ない本です。
温かいものが沢山つまってますから。
2007/02/08(Thu) 22:26 | URL  | くりりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。