ガリガリに痩せていた白い仔猫がめぐりめぐって我が家にやって来ました。フロル(ラテン語で花の意味)と命名され、相棒アメショーのひじきも加わり、くりりん家での生活が始まりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
香港への道その2 *香港ペット事情
2007年06月28日 (木) | 編集 |
香港は国際都市。
ペット好きな欧米人も沢山いる(はず)
ならば、ペット環境も整っているに違いない・・・・。

そう信じていました。

しかし現実はどうなんでしょう。

香港で生活する人のための手引き「ハロ~香港」によれば
香港は熱帯性気候。
しかも公園など自由に散歩できるエリアも少なく
特に外に出して散歩が不可欠なワンちゃんには
とても適しているとは言い難い、とあります。
ペットを一緒に連れて行くことが
本当にペットのためになるか
よく考えた方がいい、とのアドバイスが。


う~ん、犬でなくて良かった。
と安堵した私は甘かった。


家を探しに現地の不動産にコンタクトをとった夫からは
香港ではペット禁止のマンションが思いの外多い、との情報が。

なんでもそれはSARS の流行による風潮被害によるものらしく、
ペット可物件に限定すると
地理的に子どもたちの学校から遠くなるとか
買い物に不便になるとか
またまた物件そのものが高いとか
いろいろな障害が浮き彫りになってくるのです。


     f2007-5-14-5.jpg

      猫とSARSは関係ないのにね~・・・・。


でもそこは香港。
不動産屋さんが言うには
「みんなこっそり飼ってるわよ」

前途は多難なのか
ノー・プロブレムなのか。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。