ガリガリに痩せていた白い仔猫がめぐりめぐって我が家にやって来ました。フロル(ラテン語で花の意味)と命名され、相棒アメショーのひじきも加わり、くりりん家での生活が始まりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流血伝説は本当だった
2006年04月15日 (土) | 編集 |
 白猫で肉球や鼻はほんのりピンク。瞳はあわ~いアクアマリンブルー・・・といえばこのうえない美猫を想像する。
 そう、我がフロルは本来美猫なのである。しかし悲惨なノラ生活のためにその体は薄汚れ、毛艶も悪い。

 フロルを真っ白な美猫にする!

 それが夫の目標となった、それにはシャンプーしかない。
今までブラッシングや自己グルーミング、ウエットタオルで体をふきふき、等やるにはやっているがどれもイマイチ。

 水きらいが定説の猫でも、仔猫のうちから慣れさせばシャンプーOK猫になると聞く。年齢詐称疑惑があるフロルであるが、まだまだ仔猫。とりあえずやってみるべと決行した。

 結論から言えば類に漏れずフロルは大の水嫌い猫だった。おまけに初めてのシャンプーとあって私と夫の手際も悪く、洗面台の上でフロルはパニクり、すすぎも半ばにして夫の腕に爪をたてもがきまくった。
 しかしシャンプーは流さねばと強行した結果、フロルを抱いていた私がずぶ濡れになり、リンスのリの字も出来ないうちにフロルは逃げ出した。


 パニクった猫の恐ろしさを私たちは初めて味わった。穏やかなはずのフロルもやる時はやるもんだ。
 加えてドライヤーも大ッキライ。

 全身ずぶ濡れと流血した後では、もうフロルのシャンプーは無理、とあきらめるしかない。

  flor-4-8.jpg


 しかし奮闘の甲斐あってか、心なしかふんわりとした美猫になった気がする。
体からは洗い立てのセーターのようななんともいえない匂い。

 短毛種は洗わなくてもいいらしいし、外に出すわけでもないし、まあいいっか。
でも一年に一回ぐらいは洗いたいな~。

  flor-4-14-2.jpg もう勘弁ねがいますぜ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おひさしぶりです
窓の外を眺めているフロルちゃん可愛いですね。
うんうん、みんな水嫌いですよね。
実は、うちの子たち・・シャンプーはしたことないです。
というか、アタシ自身そんなチャレンジしたことなかった(爆)
元々ニャンコの舌ってザラザラしているから
自分たちで綺麗に出来るんだろうし、
本人たちがシャンプーしたがったら
すればいいや、自然に任せればいいや・・と
すごくアバウトに考えていたです(笑)
とにかく、くりりんさんと旦那様、
そして何よりフロルちゃん、
ほんとにお疲れ様でしたv-415
2006/07/19(Wed) 08:49 | URL  | ガオ #tHX44QXM[ 編集]
本当に
あれ以来フロルは洗面所が鬼門のようです。風呂場には入りますが、下が濡れてると、とっとと引き返します。(T_T)
でも2匹目ちゃんは好奇心が勝るのか、水遊びが大好きで、水を細く垂らしてあげるといつまでも飽きずに水で遊んだりそこから飲んだりしてます。
本当に十人十色だわ。そんな2匹目ちゃんもシャンプーはパニクりましたけど、彼の場合トラウマにはなっていないようです。
以前本で爆笑問題の太田さんの猫が一緒にお風呂に入っているのを見ましたが、アンビリバボー(一説によると生態的には好ましくないようですが。猫ちゃんがよしとすれば、そんな場面もおつなモノ。
2006/07/22(Sat) 22:15 | URL  | くりりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。