ガリガリに痩せていた白い仔猫がめぐりめぐって我が家にやって来ました。フロル(ラテン語で花の意味)と命名され、相棒アメショーのひじきも加わり、くりりん家での生活が始まりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫が夢を見ているときはそっとしておこう
2006年04月27日 (木) | 編集 |
20060725120254.jpg


~ヒトとネコのしあわせ関係~
小暮規夫
PHP研究所 発行 1200円

 ”猫をなでると血圧が下がる!?”
猫は子供であったり、親友であったり、恋人であったりする。
しかし、猫は親しい人の代役ではなく猫なのである。
コンパニオン・アニマル(伴侶動物)としての猫とのふれあい。
またそれによって生まれる不思議な効用、
奥深い人と猫の関係を豊富な経験をエピソードで紹介した猫派必読の一冊。

↑以上、表紙裏の文引用。


 獣医医学誌で獣医師でもある、小暮先生の著ですが、なんといってもこのタイトルがいいではありませんか。
 かわいさの余り、ついつい寝ている猫にちょっかいを出してしまう私ではありますが、その反面猫の眠りを大事に大事に見守りたい気持ちもたんとあるのです。

 なぜ人は猫によって癒されるのか、人と猫の関わり合いを獣医師という立場で温かく見つめている先生の文章に、その人柄が偲ばれます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。