ガリガリに痩せていた白い仔猫がめぐりめぐって我が家にやって来ました。フロル(ラテン語で花の意味)と命名され、相棒アメショーのひじきも加わり、くりりん家での生活が始まりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親子にそして姉弟に
2006年05月22日 (月) | 編集 |
 フロルなら、どんな猫とでもうまくやっていける・・。そう確信してひじきを迎えたのだが、結果はこちらの予想をはるかに上回るものだった。 
 その日から2匹はいつも一緒。なめあい、じゃれ合い、眠るときは常に抱き合い、とにかくいつでもどこでもず~と一緒。

    20061011002455.jpg


    fh5-22-2.jpg



 ひじきはまだ2ヶ月にもならない仔猫なのだから、母や兄弟が恋しい年頃なので当然といえる。フロルのひじきへの溺愛ぶりには、正直ここまで・・・と驚きを隠せなかった。
 発情を経験したとはいえ、すでに避妊済。だからなのか、時には母のように慈しみ、時に姉弟のように遊びに興じる。

 人間の都合で、了解もなにもなく勝手に引き合わせたのに。そう思うと仲むつまじいその姿に感動を覚える。


   fh5-22-3.jpg

時に一緒に眠り

     fh5-22-4.jpg

時にその寝床を幼猫に譲る。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。