ガリガリに痩せていた白い仔猫がめぐりめぐって我が家にやって来ました。フロル(ラテン語で花の意味)と命名され、相棒アメショーのひじきも加わり、くりりん家での生活が始まりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜月
2006年05月23日 (火) | 編集 |
 ひじきを得て、フロルは激変した。顔つき。風貌。すっかりお母さんというか、熟年猫になった。

fh5-23-5.jpg


 猫は単独行動動物というけれど、やっぱり人間よりは猫同士の方がいいんだなあ。


fh5-23-4.jpg


fh5-23-3.jpg



fh5-23-6.jpg


         むぎゅ。

舐め合い、抱き合って眠る姿を見ているだけで癒される。




   fh5-23-1.jpg


   fh5-23-2.jpg



 ひじきとの生活が始まったとたん、フロルはもう膝の上にも来なくなり、私たちからは距離をおくようになってしまった。人から離れて、いつもひじきのことを見守っている。

 正直さみしい。寄ってくるのは無邪気なひじきだけ。
こうなることを望んでいたわけではないけれど、フロルはとても幸せそうだから、ひじきを迎えてよかったんだと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。