ガリガリに痩せていた白い仔猫がめぐりめぐって我が家にやって来ました。フロル(ラテン語で花の意味)と命名され、相棒アメショーのひじきも加わり、くりりん家での生活が始まりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カーテン美人
2006年08月21日 (月) | 編集 |
f8-21.jpg



 微風にそよぐ、レースの向こうの見返り美人。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
う~ん、白い猫ちゃんてホントきれいですね。
猫好きの独断で、どうしてもこれがいいって猫種がありますね。
家の場合は何故か伝統的三毛(結構模様と色にうるさい)、黒猫、白猫、父は黒トラ。黒猫の目は黄色、白の目はブルーがきれいね。
2006/10/20(Fri) 19:57 | URL  | たま #-[ 編集]
おお、たまさん!
コメントありがとうございます♪

よく知らないんですが、病院に連れて行くと「あら~、真っ白!」とか「目が青なのね~」とか言われます。
全身真っ白というのは少ない?
でも白猫で目が青というのは、遺伝的に皮膚が弱く、かつ難聴になりやすいんだとか。
今のところ大丈夫そうですが、気をつけなければなりませんね。

個人的には和猫なら、はっきりした三毛と、黒白ソックス猫が好きです。
でも飼っちまえば、みんなかわゆいんだろうな~。
2006/10/20(Fri) 23:30 | URL  | くりりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。