ガリガリに痩せていた白い仔猫がめぐりめぐって我が家にやって来ました。フロル(ラテン語で花の意味)と命名され、相棒アメショーのひじきも加わり、くりりん家での生活が始まりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それが私(フロル)です。
2006年03月11日 (土) | 編集 |
 MIX猫の保護主さんはI県の人だったが、私が住むS県のS市のボランティア団体に所属されていた。後で聞いた話、S市のボランティア団体はかなり活発な活動をしているということだった。・・・灯台もと暗し。

 MIX猫とは縁がなかったが、「探しているので、また何かあったら声をかけてください」と言ったことを気に留めてくださって、その後まもなく連絡をいただいた。
 「3ヶ月ほどの白猫。メス。目はブルー。今度の土日にS市の駅前でお披露目されます。良かったら見に行ってください」と。

 ところが残念なことに、私と息子はボーイスカウトのスキー活動でその土日は不在。今回は難しいとその旨伝えたが、せっかくの情報を無視するのも気がひけたので、お留守番の夫に「これこれこういうことだから、見に行けたら見に行ってみて」と言い残し、私と息子は旅立った。

 さて困ったのは夫だろう。自分は積極的に飼いたい人間ではないし、かといって見に行ったとして「この子でどうですか?」と言われたら「いやこの子は・・」と断ることは恐らくできないに違いない。(←正解)
 しかし奥さん(私)の「見に行けたらでいいからね。」は夫にとっては「見に行ってこい」と同義語らしいので、結局の所「別にそんなに飼いたくもない」夫は、駅前に足を運んだのであった。

 ゲージに入れられ、ほとんど微動だにしない成猫の中にあって、その猫だけが小さくあれこれと動きまくっていた。そこにはこの猫を保護した親子もいて、保護した状況を教えてくれた。 
 ガリガリにやせて彷徨っていたこの白猫は、保護した娘さんについて回り離れようとしなかった。そのあまりにも警戒心のない無防備さと、痩せた状況から過酷な日々を過ごしていた哀れさを思い保護したが、そのお宅は犬や猫がすでにいて、先住猫は猫エイズにかかっているために一緒に飼うことはできない。一刻も早く里親を見つけたいようだった。
 もし、夫が「うん」と言わなければこの猫は翌日には横浜の街頭で里親を捜し、それでも見つからなければインターネットで探すことになる。

 「見に来ている。目は青でかわいいよ」と夫からスキー場の私にメールが入る。
「あら、結局見に行ったんだ」(←いいかげんな人)

 しかしその夜「決めたから」とのメールが来た。そしてそれはまさに想定外のことだった。

 夫は自分では決められないと、遊びに出かけた娘をそこに呼び出し彼女に決めさせた。娘は実はすぐ飼えれば何でもよかったらしく、(と言うのは言いすぎか)見るなり「かわいい、この猫でいい」と親もあきれるほどの即決。今日にでも引き取りたいと申し出たが、目やに・くしゃみの風邪症状があるし、受け入れ態勢も整えなければいけないとのことで、一旦保護主の預かりとなった。

 メールで成り行きを教えてもらい、あまりにもあっけなく決まったことに面食らい、加えて白猫といっても夫の好まないイカニモなノラ猫である。

「本当にその猫でいいの?」
自分が見てないせいもあって思わず聞いてしまったメールに
「これも縁だから」と夫は返信してきた。

・・・・そうか、縁だよな・・・・。

 この「縁」という言葉が全てだ。きっと。

彼女が我が家にやって来るのはその一週間後のことになる。

 flor-3-11
(↑それが私です。保護された時はもっとがりがりでした。ちなみに後ろに写っているのはボランティアさん)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わぁ・・♪
「これも縁だから・・」という言葉に
思わず朝からジーンとしてしまったガオです。
そうなんですよね、ほんとに。
フロルちゃんの瞳にクラクラなガオです(笑)
実はどことなく、うちのモモとキキのお母さんに
似ているんですよ。彼女も若い時はこんな感じだったのかも。。
色んなことを思い出すと、うん、ほんとうに
どれもこれも「縁」だったと思います。
そして、こんなにもたくさんのネット族がいる中で
くりりんさんと出逢えたのも縁かもしれないと
しみじみ勝手に思うガオです。これからも
気長に遊んでくださいね(ペコリ)
2006/05/13(Sat) 07:33 | URL  | ガオ #tHX44QXM[ 編集]
>ガオさん
そ~なんです。(なにが?)
以来「縁」という言葉が好きになってしまいました。
そしてなんと「キキ」も「モモ」もガオさんちの猫ちゃんだったんですね!
それは惜しいことをしました。面白いことに猫っていろいろな表情を見せてくれるので、「まさにフロルちゃん」な時もあれば(めったにないけど(^^;)、「フロルってガラじゃないな~」な時もあって、ちょいと洒落すぎたか・・・などとも思うこの頃です。
そしてこちらこそこれからもよろしくです。
2006/05/13(Sat) 21:18 | URL  | くりりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。