ガリガリに痩せていた白い仔猫がめぐりめぐって我が家にやって来ました。フロル(ラテン語で花の意味)と命名され、相棒アメショーのひじきも加わり、くりりん家での生活が始まりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外見は野性的
2006年11月07日 (火) | 編集 |
h11-8.jpg



 この頃よく思うのは、アメショーのひじきはその運動量において、ヒョウとかチーターとかの部類なんだなあと。狭い家でごめんよ。

 遊びながら飛び跳ねるのもびょんびょん~ってかんじでスプリングの上で跳ねているみたい。ヨーグルトに興味津々で、誰かが食べていると立っているにも拘わらず、その身体に駆け上がって、肩乗りになる。

 ・・・時折フロルもジャンプを試みるけど、どうにも腰の重たいおばさん風で、どてっと落ちる。

 性格も行動も対照的なおふたりさん。



h11-11-1.jpg

クラシック・タビー柄がばっちり。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
家もひじき君タイプです。猫によっては高いところへもともと登れない(登らない?)猫、犬的性格猫(シンガプーラ)とかいるといいますね。うちとしては、どてっと落ちるし、膝にはのるしが夢なんだけど・・。

二枚目の写真の目つき後はどんな行動します?
家はしっぽがボォと太くなり、発狂したように走り回ったりします。

おためし猫?の詳細、今度教えてください。是非!
2006/11/22(Wed) 00:10 | URL  | たま #-[ 編集]
そうか
♀、♂運動神経にはあまり関係ないんですね。
さっきもちょっとかがんだ隙に飛び乗られて、爪は痛いしで、全く気が抜けません。そのくせ抱くと嫌がるんだよね~。大人しいのは眠いときぐらい?昨日も抱きしめて思いっきりその顔や身体をチュッチュしたら、その後これ見よがしに、その部分を身繕いしてるの。なんなんだよ(T_T)

まあ、ちょうど2タイプでいいってことですかね。とにかく活発です。これから成猫になっていくので、ますます驚かせてくれるでしょうね。楽しみです。

お試し猫の詳細はたいしたことではありませんが、また別途にて。
2006/11/22(Wed) 10:15 | URL  | くりりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。