ガリガリに痩せていた白い仔猫がめぐりめぐって我が家にやって来ました。フロル(ラテン語で花の意味)と命名され、相棒アメショーのひじきも加わり、くりりん家での生活が始まりました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
至福のとき
2006年03月19日 (日) | 編集 |
 翌19日。日曜日とあって、部活でいない娘以外は全員家にこもって、猫ちゃんかまいまくり。
 特に息子はフロルを独占し、片時も離そうとしない。まさに「猫っかわいがり」とはよく言ったもの。
flor-3-19-4.jpg

flor-3-19-3.jpg

(↑うれしいのはよく分かるが、独り占めはずるい~)


 おもちゃを使って遊ばせることも試みる。このおもちゃも100均で買いそろえたもので手作りしたのだが、結局なんでもないゴムのひもが一番気に入ったようだ。
flor-3-19-2.jpg flor-3-25-2.jpg

(↑待て!のポーズ?  か~わい~♪)

 また数あるぬいぐるみから、キウイをフロルに献上。早速立ち上がって噛み付き、がしがし。
       flor-3-19-1.jpg



 午後からは近所に住む実家の母と姉が猫を見に来た。心配性で最近頓にネガティブ思考の母は当初、猫の飼育にいい顔をしなかったが、帰省などの折には実家に預けることもあるので面通し~実家へのならしは必須事項である。

 母とフロルの話はまた後日に......。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。